21ビジネス総合研究所 人事労務ニュース
   
掲載日: 2008年05月26日
 
タイトル
 
    最低賃金法が変わります。
       
 
記 事
 
    平成20年7月1日より、最低賃金の決定基準や罰金の上限額、派遣労働者への適用関係について大幅な改正が施行されます。

 「改正の概要」
1,地域別最低賃金・・・各都道府県ごとに決定されます。(昨年12月に決定)
  関東各県では、東京都・739円、神奈川県・736円、埼玉県・702円、千葉県・
  706円、茨城県・665円、栃木県・671円、群馬県・664円です
2,地域別最低賃金に満たない賃金額の場合、罰金の上限額は50万円(今までは2万円)  に引き上げられます。尚、日給の場合は賃金額を1時間あたりに換算して比較します。
3,産業別最低賃金(鉄鋼業、各種商品小売り業等・・・賃金額は各県により違う)
  この場合、最低賃金額に満たないときは、労働基準法の賃金全額払い違反の罰則が適用  され、罰金上限額が30万円となります。
4,派遣労働者の適用最低賃金は、派遣された地域または産業別の最低賃金となります。
5,適用除外規定が見直され、障害者等の最低賃金の減額特例が出来ました。

Copyrights (C) 2004. 21ビジネス総合研究所 . All rights reserved. 人事労務ニュースに戻る